馬券の買い方ひとつで、外れ馬券を少なくすることができます。

1回の負けを少なくする馬券の買い方

1レースあたりの購入金額を少なくすれば、負ける金額を少なくすることができますが、そうは言っていられないでしょう。
そのような買い方をしていると、当然払い戻しの金額も少なくなります。

 

100円の馬券が的中して200円の払い戻しを得ても勝った気がしないでしょう。
その気持ちはわかります。

 

競馬は時々しっかりとした払い戻しを得られるから面白い、という面もあります。

 

ここでは、競馬を楽しんだ上で負けを少なくする方法を紹介します。

 

競馬の馬券の券種には当てやすいものもあれば当てにくいものもあります。

 

競馬の負けを少なくする方法は、1レースあたりの購入金額を少なくするのではなく、
購入する馬券の点数を少なくすることが最も適切です。

 

例えば、3連単のように当てにくい馬券を買う場合、当てるためにフォーメーションやボックスを駆使して購入することになるため、1レースあたりの購入点数が増えすぎてしまいます。
しかし、その中で的中する馬券は1つだけです。
それ以外は全て無駄になるということです。

 

競馬で勝つためには、この無駄を減らすことが求められます。
そしてそれは負けを少なくすることと同義なのです。

 

そのような理由で、ここでは単複馬連をオススメします。

 

単複でしたら1レース当たり2点で済みます。
馬連の場合においても、2点または3点までにしてください。

 

そうすることで、不要な外れ馬券を最小限に抑えることができます。

 

馬連の場合

平均的な配当は2000円程ですから、2点の購入で買い続けた場合、10回に1回以上的中させれば勝てます。
馬連でしたら10回に1回当てることはそう難しくはないので、期待値は高くなります。

 

単複の場合

この買い方に関しては技を使うことによって、その確率を操作することができます。
ここで狙うのは穴馬です。人気のない馬、という意味です。
実は、人気がない、ということはリスクを軽減しているという意味を孕んでいます。
外れることもあるが、当たると大きい。
その意味は複勝を絡めることで威力を増します。

 

レースの出走馬の中で、人気のない馬の中から、そのレースで勝つ可能性を感じる馬を探してください。
具体的には、単勝10倍~15倍程の馬をチョイスするようにしてください。
そのような馬は複勝で3倍前後のオッズが期待できます。
単勝を的中させることは難しいですが、複勝を的中させることはそう難しくありません。

 

勝つ可能性を感じるほどの馬ですから、3着以内に来てくれる可能性は高いでしょう。

 

ここで、金額の配分を工夫します。2:8くらいが適しています。
1レースあたり1000円購入する場合、単勝を200円、複勝を800円購入するという意味です。

 

ここで単勝が外れたとしても、複勝が的中すれば2400円程の払い戻しを得られますから、回収率は240%となります。
単勝も合わせて的中した場合、払い戻しは5000円を越えるはずですから、
回収率は500%を超え、5回中4回外しても大丈夫、ということです。

 

この方法を用いれば、間違いなく負けを少なくすることができます。

 

競馬の基本は、馬券を的中させることですが、それは外れ馬券を少なくすることと同義なのです。
馬券の買い方ひとつで、外れ馬券を少なくすることができるので、是非お試し下さい。