儲けるという意識を過剰に待たないように気をつけましょう。

負けてもやめられない心理

競馬は楽しい遊びですから、やめようと思うことがないという人が大半だと思います。

 

しかし、ここでいうやめられない心理とは、お金を使いすぎることをやめられないという意味です。
それは、ギャンブルの持つ心理的な作用と関係していると言えるでしょう。

 

そもそもギャンブルは、勝ち負けが決まられてしまう勝負です。
やるからには勝ちたいのです。

⇒1回の負けを少なくする馬券の買い方

 

そして、負けが濃厚である日でも、最後の1レースまで可能性が残されるので、
最後の最後で逆転を狙うことができてしまいます。

 

馬券を買う上で生まれる心理は、負けている場合は『取り返したい』になりますし、
勝っている場合は『もっと勝ちたい』になります。

 

 

ここで危険なのは、負けているときの心理状態です。

 

負けているときは、お金の計算をするようになります。
その時点で1万円負けている状態で馬券を購入する場合、真っ先に考えることは
一万円を取り返す』なのです。

 

そうなってしまうと、オッズで馬券を買うようになります。
これが最も危険です。

 

オッズで馬券を買い始めると、馬券が当たりにくくなります。
脳内で、“来なければいいなで判断する思考”を始めるためです。
つまり、こわいけど買わない、ということです。

 

通常の状態でしたら最も勝ちに近いと感じる馬を、オッズが安いからといって、見ないふりをします。
そして、よりオッズの良い馬を買います。

 

ただ、このような場合は何故か見て見ぬふりをした馬が勝つことが多いです。

 

来ないといいなと思った馬は、裏を返せば、来るだろうけど今は買う状況ではないから買わなかった馬なので、最も買いたい馬であったはずです。

 

そのような馬は、馬券になります。
しかし、買えないのです。

 

負けを取り返そうとすることは、負けを増やすことにつながりやすいという意識をもちましょう。

 

噛み砕いて言うと、“お金のことを考えて馬券を買う”ことはやめましょう。
ギャンブルは、お金のことを考えて臨んで良い結果を得られません。

 

理由は簡単です。
お金の事を考えると正常な判断ができなくなるためです。

 

儲けるという意識を過剰に待たないように気をつけましょう。