レースは、馬の力だけではなく、勝つための条件が多く揃った馬が勝つのです。

人気馬でも負ける理由

人気馬が負ける理由はいくつかあります。
その中には、人気馬以外に乗っている騎手が人気馬を負かすための乗り方をする、というものがありますが、それは最も強い馬が明確な場合です。

 

競馬では、特定の馬を負かすための乗り方ができます。
特定の馬より仕掛けを送らせたり、馬群に閉じ込めて思ったようなタイミングで追い出せなくさせたりと、その方法は様々です。

 

しかし、馬の能力を的確に表した人気でレースが始まることはほとんどありません。

 

人気を構成するメカニズムの中で最も大きな要因は、近走の成績です。

 

つまり、近走の成績の良い馬が人気になります。
レースの結果は、馬の能力だけで決まるものではありません。

 

近走の成績の良い馬は、そのレースにおいて良い条件が重なり、好走出来たという見方を持ちましょう。そして、近走の成績が良くて人気になっている馬は疑ってかかることが賢明であると言えます。

 

 

以上のように、人気とは不確かなものです。
『人気があるから強い馬』であると言い切ることはできません。

 

日本競馬界の至宝と言われるディープインパクトや、レース中の故障によりこの世を去ったサイレンススズカのような馬は別です。
ディープインパクトは、コーナーでのスピードが尋常ではないほど速く、最終コーナーと直線だけで全馬を抜くことが出来るという規格外の馬でした。
また、サイレンススズカはスピード能力が違いすぎてスタートしたらゴールまで先頭を走り続け、他馬には手の施しようがないという馬でした。

 

このような馬は、なるべくして人気になっています。
誰が見ても強いことが明らかであるためです。

 

しかし、ほとんどのレースに出走している馬の能力は実はそれほど大差がありません。
似たりよったりの馬たちが走るのですから、勝つ馬が毎回変わるのは当然と言えます。

 

レースは、馬の力だけではなく、勝つための条件が多く揃った馬が勝つのです。

 

ある意味では、人気のある馬は負けるべくして負けている側面があります。
そのレースで最も勝つ可能性の高い馬を的確に判断している人はそれほど多くないのです。

 

故に、人気馬を買うことよりも、人気のない馬を買うほうが合理的であることは間違いありません。