還元率が高い馬券を選んで買うのが手堅い手法になります。

競馬の賢い馬券の買い方特集

単勝、複勝を活用する

馬券は種類によって還元率が違います。
数ある馬券の中でも単勝と複勝の2つが80%の還元率で最も高くなっています。
還元率が高い馬券を選んで買った方が手堅い手法になります。
また、初心者の失敗で代表的なのが無駄に購入点数を広げすぎてしまう行為です。
次の例をご覧下さい。

 

  • 単勝4.0倍の馬を単勝 1点で1万円購入
  • 単勝4.0倍の馬を1着軸に馬単10点流しを各1,000円で合計1万円購入

 

この場合、同じ馬を本命予想にして的中させた場合でも、馬単で40倍のオッズが付いていなければ単勝の方が回収率が高いです。
単勝4倍の馬を1着軸にした場合、2番人気や3番人気などの人気上位馬が2着に入っても40倍の配当はつきません。
もちろん人気薄が入れば万馬券になって大きく勝てるチャンスもありますが、2着に流した馬以外が入って外れたり、人気上位馬が入って回収率が悪くなるリスクを考えると、よほど2着が荒れると自信を持って望めるレースでない限り、単勝1点勝負の方が堅実で賢い買い方になります。

 

 

馬単2着軸流し買い

馬単から軸馬を決めて流し買いにする場合、定番なのが1着軸です。
そして軸に決める馬は人気上位馬にする方が多いです。

 

これは定番の買い方ではありますが、強い馬の1着軸を買っても配当は期待できず長い目で勝ち続ける事は難しいです。

 

それであれば、人気が高くて安定感が魅力の馬を2着軸にして1着の相手を探していった方が当たった時の見返りが大きいです。
競馬では人気薄の伏兵が勝って、2着に人気上位の実力馬が入る事はよくあります。

 

このように、定番の手法ではなく周りがあまりやらないような買い方をする事も競馬では大切です。
この方法は、馬単の裏表をそれぞれ買ったり、馬連と併用して少ない軍資金で馬単2着軸流しを抑えるなどのリスク回避をしたり、3連単への応用など、様々な活用方法があります。

競馬予想のポイント